XM FXトレード口座開設方法

XMアフィリエイト活動のキモである海外FXブローカーXMの口座開設方法を紹介します。

実際にXMアフィリエイト活動をおこなうにはアフィリエイトの商品であるXMのことを良く知らなければアフィリエイトで効果的な紹介ができません。

XMのことを良く知るには何といってもXMで実際にFXトレードをおこなうのが一番です。

XMを利用するメリットやXMアフィリエイトとの関係は別の記事に書きましたのでこちらも参考にしてください。

XMは日本語で登録可能

XMは海外FXの業者ですが、日本語対応が充実していて日本語のスタッフも数多くいます。

下のyoutube動画はXMが提供しているFXニュースですが、日本人女性の橘あおいさんという方がリポートしています。

その他、サポート対応する方にも日本人の方が大勢いて英語ができなくても簡単にXMの登録やサポート対応をしてもらうことができます。

海外FX業者でも日本語で対応してくれるので言語的に困ることはありません。

XMのHPで必要事項を登録

最初にXMのHPから必要事項の登録をおこなって口座開設の手続きをおこないます。

XMのトップページから”口座を開設する”というボタンをクリックします。

登録画面に移ったら必要事項を記入します。

ここで電話番号の入力だけ注意が必要で、 日本の国番号”+81″を先頭につけて、電話番号の先頭の”0″を抜いて入力する必要があります。

例えば”090-2222-5555″といった電話番号の場合は

“+819022225555″のようにして入力しれもらえば大丈夫です。

次に取引プラットフォームタイプと口座タイプを選択します。

” 取引プラットフォームタイプ “のMT4かMT5かはどちらが良いか一概には言えません。

下記に MT4かMT5の違いをまとめてくれた方の記事があるので紹介します。

そもそもMT4/5というのはPC上でFXトレードをする際の取引ツールになります。

実際のFXトレードをする際の画面はこんな感じになります。※MT4の画面


上の方の記事にもあるようにMT5の方が開発された時期が新しいのですが、対応しているテクニカル手法のインジケータなどがMT4の方が多く、私はMT4を使用しています。どちらが良いかは両者の違いを確認して自分にあったものを選ばれると良いかと思います。

” 口座タイプ “については下に違いをまとめました。

私はスタンダートタイプの口座を選択しています。

他にスプレッドが狭いZERO口座もありますが、こちらは取引する度に取引手数料を取られ、取引のポイント還元のXMPロイヤルポイントもつかないというデメリットもあります。

どうしてもスプレッドが狭い環境でFXトレードをおこないたいという方以外はスタンダードタイプの口座を選択で良いかと思います。

次にカタカナの氏名・生年月日・住所を入力します。


住所は英語で入力する必要があります。英語表記の住所の入力の仕方を調べるにはこちらの住所→Address変換サイトが便利です。こちらを使うと日本語表記の住所を自動で英語表記の住所に変換してくれます。

http://judress.tsukuenoue.com/

次に取引口座詳細の欄を記入します。日本人でよほどのことがない限りは口座の基本通貨は”JPY(日本円)”で良く、レバレッジは海外FX業者を選択する最大のメリットである888倍(1:888)のレバレッジを選択すると良いかと思います。

その他、投資家情報を記入していきます。

最後に取引する際のパスワードを入力してXM口座開設登録の完了です。

しばらくするとXMから次のようなメールが送られてきます。

本人確認書類を送付

XM口座登録は先ほどまでのステップで完了しましたが、本人確認書類を送付していないため口座の登録は完了していません。

先ほどのメールの会員ページのリンクをクリックしてログインすると次のような画面になっています。

ここで口座を有効化するために上の画像の赤枠の部分をクリックします。

そうすると本人確認書類をアップロードできる部分がありますでそこで本人確認書類をアップロードします。

ここで身分証明書、住所確認書は指定されているものをスマホなどで撮影した画像をアップロードすればOKです。

本人確認書類の登録が完了して、XM側の確認完了すると口座が有効化されXMのトレードが開始できるようになります。

これでXMで取引できるまでの口座開設手続きは完了になります。

後は実際にXMでトレードをおこない、XMアフィリエイト活動でのブログ執筆記事に役立てる記事を書いていきましょう。

Pocket